世界一の庭園デザイナー

Main Gardener

うめきたガーデンのメインガーデナーには、国内外でも評価の高い庭園デザイナー石原和幸氏が就任。2つの庭を手がけます。

2016年、世界最高峰のフラワーショーで最高賞

《庭園デザイナー》石原和幸氏

22歳で生け花の『池坊』に入門。以来、花と緑に魅了され路上販売から店舗、そして庭造りをスタート。その後、苔を使った庭で独自の世界観が国際ガーデニングショーの最高峰である「英国チェルシーフラワーショー」で高く評価され、 2006年から3年連続金メダル受賞、 2012年から5年連続でアーティザンガーデン部門で金メダルを獲得。さらに部門内1位に贈られるベストガーデン賞とのダブル受賞も果たした。 2016年大会では全出展者から選出される最高賞のプレジデント賞を受賞した。

これまでの主な活動

  • 2012年
    羽田空港第一ターミナルビル搭乗ゲート内に「英国チェルシーフラワーショー2011」ショーガーデン部門でシルバー賞を受賞した庭園「花の楽園」を再現、永久保存される。
  • 2013年
    ウェスティンホテル東京(目黒区三田)の敷地内 479.97平米を、緑と花のオープンガーデンにリノベーション。(2013 年4月1日オープン)
  • 2013年
    世界最大の植物園ガーデンズ・バイザ・ベイ(シンガポール)において、クリスマスイベントのシンボルガーデン「クリスマス・シュガー・マウンテン」を製作。本イベントにおいて、初めての外国人デザイナーの起用。

チェルシーフラワーショーとは

英国王立園芸協会が主催し、毎年5月にチェルシー(ロンドン南西部)で開催される世界で最も権威のあるガーデンショー。ロイヤル・チェルシー病院の広大な敷地内に、約500の出展者による庭園が出展され、期間中は15万人以上の人々が訪れる。3つの部門からそれぞれゴールド、シルバー・ギルト、シルバー、ブロンズの各賞が選ばれる。(写真は2016年英国チェルシーフラワーショーの様子)

うめきたガーデン Instagram

主催

うめきたガーデン実行委員会

共催

大阪観光局 / KADOKAWA関西ウォーカー

協賛

関西電力
髙松建設
タカラベルモント
フローラ
(50音順)

施工

石原和幸デザイン研究所 / 吉本園芸 / リョーケン